Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本郵便に不正アクセス - 約4000件の不正メール

日本郵便は、メールアカウントが不正アクセスを受け、不正にメールが送信されたことを明らかにした。

同社によれば、同社のメールアカウントが不正アクセスを受け、2月6日から翌7日にかけて、同社が保有するドメイン「@jp-international.jp」から約4000件のメールが送信されたという。

同社では問題判明後、対象アカウントのパスワードを変更、外部との接続を遮断した。攻撃手法や原因、被害の詳細については調査中としている。

(Security NEXT - 2020/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

漁協直売店で「Emotet」感染 - 通販サイトのメールが流出
都マンション管理状況届出システムに不正アクセス
教員私物PCが「Emotet」感染、不正メール送信の踏み台に - 愛媛大
約800自治体が採用する電子申請のヘルプデスクがEmotet感染
防災局メルアカ乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 新潟県
矢野経済研究所に不正アクセス - SQLi攻撃でアカウント情報が流出
富士通クラウドサービスへの攻撃 - 侵入の痕跡見つかる
サービス終了した「Visionalist」のタグ、約800サイトに残存 - 一時水飲み場攻撃と同じスクリプトも配信
サイト改ざんで迷惑メール送信の踏み台に - リサイクル事業者
SB、スミッシング対策を無償提供 - アルファベット発信元の拒否にも対応