Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本郵便に不正アクセス - 約4000件の不正メール

日本郵便は、メールアカウントが不正アクセスを受け、不正にメールが送信されたことを明らかにした。

同社によれば、同社のメールアカウントが不正アクセスを受け、2月6日から翌7日にかけて、同社が保有するドメイン「@jp-international.jp」から約4000件のメールが送信されたという。

同社では問題判明後、対象アカウントのパスワードを変更、外部との接続を遮断した。攻撃手法や原因、被害の詳細については調査中としている。

(Security NEXT - 2020/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員が不正ログイン被害、なりすましメールが送信 - 国立環境研究所
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
コクヨ販売店の検索サイト改ざん、2020年7月に発生
不正アクセス被害のランドブレイン、調査結果を公表 - ランサムウェアは「Cring」
通販サイト「ゆとりの空間」、クレカ情報も被害
不正アクセスで顧客宛に詐欺メール、個人情報流出の可能性も - 暗号資産取引所
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性も - デンヨー
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性 - 遺伝子解析ベンチャー