Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

神戸製鋼とパスコに不正アクセス - 防衛秘密への影響否定

防衛省に関する情報が外部へ流出した可能性があるが、秘密情報が含まれていないことを2017年10月に同省が確認したという。

一方パスコでは、2018年5月に外部からの不正アクセスを検知。不正アクセスを受けた端末を特定、解析したが、これまでに個人情報や取引先の情報が流出するといった被害は確認されていないと説明。すでに関連する取引先へ通知済みだという。

これら問題を受けて両社は、サイバー攻撃への体制強化など、再発防止に向けたセキュリティ対策を進めているとしている。

(Security NEXT - 2020/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

業務用ユニフォームの通信販売サイトに不正アクセス
不正アクセスでECサイト会員のメアドが流出 - 文具画材店
懲戒処分の検討契機に別職員による不正アクセスが発覚 - 小竹町
古着通販サイトに不正アクセス - 警察からの連絡契機に改ざん発見
サイト改ざんでクレカ情報流出の可能性 - スケートボード専門店
美容品販売サイトでクレカ情報流出か - 不正利用の可能性
教員アカウントが不正アクセス被害 - 埼玉大
事業者向けDIY通販サイトに不正アクセス - サービス開始から約2週間で被害
メタップスP、改善措置の報告書を提出 - 役員人事など発表
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出