Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

神戸製鋼とパスコに不正アクセス - 防衛秘密への影響否定

防衛情報を取り扱う神戸製鋼所とパスコが、2018年以前に不正アクセスを受けていたことがわかった。

両社において、社内ネットワークに接続された端末が不正アクセスを受けていたことが判明したもので、報告を受けた防衛省が明らかにした。

同省では、流出した可能性があるとされる情報に、同省が指定する秘密情報は含まれていないことを確認したという。

同省の発表を受けて神戸製鋼所は、2016年8月に不正アクセスの疑いがあることを認識し、さらに2017年6月にも不正アクセスを確認していたことを明らかにした。

(Security NEXT - 2020/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
データ削除済みの旧通販サイトに対する不正アクセスが判明 - ニッスイ関連会社
不正アクセスで個人情報の削除被害 - 韓国農水産食品流通公社
犬猫関連グッズのサイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ネットショップに不正アクセス - ウェスティンホテル大阪
口座開設申込者の個人情報が流出した可能性 - 商品先物取引業者
IT資格試験教材サイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
最大11.7万件の登録者情報が流出か - グルメアプリ
不正アクセスで「国立劇場メルマガ」の登録メアドが流出