Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小売電気事業者の顧客情報を誤って別事業者へ通知 - 九電

九州電力は、小売電気事業者と契約している顧客の個人情報を、別の小売電気事業者へ誤って通知したことを公表した。

同社によれば、2月3日、小売電気事業者の1月分の託送料金請求書一式を、誤って別の小売電気事業者へ通知したもの。通知作業時の通知先設定ミスが原因だという。

請求書には、個人顧客3218件含む顧客3522件の需要者名、住所、供給地点特定番号、契約電力、1月分電力量などが含まれる。

翌4日、誤通知先からの連絡により判明。誤通知したデータの削除を依頼した。また、誤通知の対象となる小売電気事業者に対し、説明と謝罪を行ったとしている。

(Security NEXT - 2020/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マスキングせず情報公開請求者の個人情報を漏洩 - 調布市
新型コロナ対応融資を行う金融機関宛てのメールで誤送信 - 山口県
紛失や誤送付など個人情報関連事故2件を公表 - 八千代市
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
マルウェアに感染でなりすましメール - 浄水器販売会社
妊婦健康診査受診票が所在不明 - 大阪市
個人情報を別業者へ誤通知、システム障害影響で - 九電
個人情報含む書類持ち帰り紛失、事務遅れ隠す - 山形市
個人情報含む書類の紛失や不適切処理で職員を処分 - 三重県
不正アクセスで不祥事対応の内部情報が流出 - 高知県立大