Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個情委、すみやかな報告呼びかけ - 未確定でも前広に

個人情報保護委員会は、個人情報流出時における同委員会への報告について、不正アクセスなど重大な影響が懸念される場合、すみやかに実施するようあらためて呼びかけた。

従来より個人情報が漏洩した場合は、同委員会へすみやかに報告することが努力義務となっているが、特に不正アクセスなど大量の情報が流出したおそれがあり、重大な影響が懸念される場合について、すみやかに報告するようあらためて求めた。

また情報が流出しているか確定していない場合や、影響の判断に迷う場合についても、前もってすみやかに同委員会へ報告することを求めている。

(Security NEXT - 2020/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日本も攻撃対象、中国関与の攻撃活動を非難 - 外務報道官談話
個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委
「改正個人情報の保護法」のガイドライン改正でパブコメ実施
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
総務省、通信の秘密や個人情報の流出で楽天モバイルに行政指導
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
小売電気事業者向けにセキュ対策ガイドライン - 経産省
NISC、「Salesforce」の設定不備について注意喚起
テレワークのセキュ課題、投資増とガバナンス - IPA調査
2020年の上場関連企業における個人情報事故 - 103件2515万人分