Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個情委、すみやかな報告呼びかけ - 未確定でも前広に

個人情報保護委員会は、個人情報流出時における同委員会への報告について、不正アクセスなど重大な影響が懸念される場合、すみやかに実施するようあらためて呼びかけた。

従来より個人情報が漏洩した場合は、同委員会へすみやかに報告することが努力義務となっているが、特に不正アクセスなど大量の情報が流出したおそれがあり、重大な影響が懸念される場合について、すみやかに報告するようあらためて求めた。

また情報が流出しているか確定していない場合や、影響の判断に迷う場合についても、前もってすみやかに同委員会へ報告することを求めている。

(Security NEXT - 2020/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2Qセキュ相談、前四半期比約25%減 - 半減するも依然多い「Emotet」相談
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス
メタバース空間のセキュリティ指針を検討 - メタバース推進協議会ら
国内上場企業が優先対処したいリスク、上位に「サイバー攻撃」
2022年1Qのセキュ相談、前四半期比4割増 - Emotet関連が約54.7倍
まもなくゴールデンウィーク、セキュリティ体制の確認を
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
ECサイトの情報流出被害、4割で1000万円超 - 責任範囲や技術の理解乏しく
個情委、改正個人情報保護法の周知に向けて特集ページを公開