Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メッセージアプリ「WhatsApp」に情報漏洩の脆弱性

同報告書によれば、端末の侵害は、サウジアラビアの皇太子であるMohammed bin Salman氏から2018年5月に「WhatsApp」経由でmp4ファイルに見せかけて送信されたファイルが悪用されたものと見られている。

フォレンジック調査により、同月から翌月にかけてBezos氏の端末から通常の利用量を上回る大量のデータが送信されていることが判明。民間の事業者であるNSOグループの侵害ツール「Pegasus」が利用された可能性がある。

NSOグループの侵害ツールは、「WhatsApp」における「CVE-2019-3568」など複数の脆弱性を利用することが判明しており、FacebookとWhatsAppでは、同グループに対して2019年10月に訴訟を提起している。

一連の侵害は、Jeffery Bezos氏がオーナーを務めるWashington PostのジャーナリストだったJamal Khashoggi氏の殺害にも関連している可能性があるとし、国連では米国など当局による調査を求めている。

(Security NEXT - 2020/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ゴミ分別案内のチャットボット改ざん、不正サイトへ誘導 - 横浜市
小学校で児童の学齢簿などが所在不明 - 名古屋市
サーバがランサム感染、情報流出の可能性 - ランドブレイン
「Salesforce」のアクセス権限設定で不備 - コナミ関連2社
メールアカウントに不正ログイン、外部宛に不審メール - 拓殖大
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
ランサムウェア「Ryuk」にワーム化した新亜種
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
高校で卒業生の健康診断票が所在不明 - 東京都
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令