Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバ公開後に不正アクセス、フィッシングの踏み台に - お茶大

お茶の水女子大学は、研究室のサーバが不正アクセスを受け、フィッシングメールを送信する際の踏み台に利用されたことを明らかにした。

同大によれば、2019年11月28日に外部より情報提供があり、サーバを停止して調査したところ、研究室のサーバが海外から不正アクセスを受け、フィッシングメールを送信する際の踏み台として悪用されたことが判明した。

11月上旬に外部へ公開したサーバで、11月4日からサーバを停止した同月28日までの間に、同サーバを通じて308万6870件のフィッシングメールが送信されたという。ユーザーアカウント1件に脆弱なパスワードが設定されていたため、外部から不正にログインされたものと見られている。

同大ではサーバのネットワークを遮断。パスワードの変更とサーバの初期化、再構築を実施した。また学内に対し、サーバ管理におけるユーザーパスワードの再確認と、不審なメールに関する注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2020/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ
2025年日本国際博覧会協会に不正アクセス - フィッシングの踏み台に
市管理サーバが迷惑メールを不正中継 - 笠間市
青学通販サイトに不正アクセス - クレカ情報のほか会員情報なども被害か
サーバ9割以上が暗号化被害、セキュ対策ソフト削除も - 鉄建建設
動画サービス「Hulu」に断続的なPWリスト攻撃
クラウドサーバに不正アクセス、フィッシングの踏み台に - 岡山大
東映ビデオの通販サイトで情報流出か - クレカ会社と見解に相違
口座利用者以外が「mijicaカード」を不正作成か - カード到着前に利用形跡
フィッシング被害で顧客情報流出のおそれ - ダイワボウグループ会社