Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

象印、フィッシングに注意喚起 - 流出対象者に送信か

本文にはJCBのギフトカードが当選したなどとだます内容を記載。賞品発送のため本文中のURLをクリックし、個人情報を入力するよう促していた。

問題となった不正アクセスは、プリペイドカードのプレゼントキャンペーンに乗じて不正なフォームへ誘導するフィッシングメールより問題が発覚。その後も同社キャンペーンに便乗し、偽サイトへ誘導するフィッシングメールが確認されている。

今回確認されたフィッシングメールで同社のブランドは使われておらず、内容もプリペイドカードから商品券のプレゼントに変更されており、誘導先URLも異なるが、一部同様の文面が利用されていた。

同社では類似したフィッシングメールへ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ちばシティポイント」参加者のアカウント情報などが外部流出の可能性 - 千葉市
キャラクター通話サービス「きゃらデン」、個人情報流出の可能性
サプリ通販サイトに不正アクセス - ログイン情報やクレカ情報が流出
SQLi攻撃で顧客のメールアドレスが流出 - ロゴヴィスタ
複数小売事業者が利用するECシステムに不正アクセス - 個人情報約15万件に影響か
ふぐ料理店通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
加工食品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出のおそれ
医師のクラウドアカウントに不正アクセス - 愛知県がんセンター
不正アクセスで食堂車予約客などの個人情報が流出した可能性 - 明知鉄道
デザイン婚姻届の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出