Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

象印、フィッシングに注意喚起 - 流出対象者に送信か

象印マホービンは、グループ会社の通信販売サイトで発生した個人情報流出の対象者に、フィッシングメールが送信されているおそれがあるとして注意を呼びかけている。

問題の不正アクセスは、象印ユーサービスが運営する通販サイト「象印でショッピング」で発生したもの。顧客の個人情報最大28万件が流出したとして、2019年12月5日に事態を公表している。

同社によれば、同事件で個人情報流出の被害に遭った顧客から、他社通販サイトを装ったフィッシングメールが届いたとの問い合わせが寄せられているという。

問題のメールは、件名が「おめでとうございます! 新春初夢キャンペーン実施中!」といった内容で、顧客の名前のほか、店舗の名称などを記載していた。

(Security NEXT - 2020/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

医師のクラウドアカウントに不正アクセス - 愛知県がんセンター
不正アクセスで食堂車予約客などの個人情報が流出した可能性 - 明知鉄道
デザイン婚姻届の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
JTB海外関連会社への不正アクセス、原因はアカウント侵害 - 北米顧客の情報流出は確認されず
問い合わせ管理システムに不正アクセス、個人情報最大10万件が流出か - 白崎コーポレーション
サイトよりクレカ情報流出、不正利用された可能性 - 打楽器専門店
従業員メルアカが乗っ取り被害、訓練効果で早期に把握 - EIZO
ドール通販サイトから顧客情報が流出 - 脅迫メールで判明
ヘアアクセサリ通販でクレカ情報4538件が流出 - 9割超は不正カード情報
プライズ卸売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性