Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WordPressサイトの管理プラグインなどに深刻な脆弱性

コンテンツマネジメントシステム(CMS)のWordPress向けに提供されているプラグイン「InfiniteWP Client」「WP Time Capsule」に深刻な脆弱性が明らかとなった。脆弱性を突かれるとサイトを乗っ取られるおそれがある。

「InfiniteWP Client」は、「WordPress」で運営する複数のサイトを、外部サーバより統合管理できるプラグイン。少なくとも30万件以上のサイトに導入されており、開発者のサイトでは50万以上のサイトで導入されているとうたわれている。

同プラグインに認証をバイパスできる脆弱性が明らかとなったもので、管理者のユーザー名さえわかれば、細工したリクエストでパスワードなしにプラグインが導入されたサイトへログインが可能となる。

同脆弱性は、WebARXが発見したもので、1月7日に開発者へ報告。脆弱性を解消した「同1.9.4.5」が翌8日にリリースされた。

またWordPressのバックアップサービス「Backup and Staging by WP Time Capsule」向けに提供されているプラグインにも同様の脆弱性が判明。WebARXより報告を受けた開発者は、脆弱性を修正した「同1.21.17」を提供している。

アップデートがリリースされたことを受け、WebARXではセキュリティアドバイザリを同月14日にリリースし、脆弱性の詳細を公表。プラグインの利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SAP、月例パッチ13件をリリース - 重要度がもっとも高い「HotNews」は2件
Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も
VMware、「vRO」など複数製品の脆弱性を修正
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 修正パッチが公開
MS、10月の月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ脆弱性1件含む74件を解消
Google、「Chrome 94.0.4606.81」を公開 - 脆弱性4件を修正
「iOS 15.0.2」「iPadOS 15.0.2」がリリース - 悪用報告ある脆弱性に対処
Nike製アプリに脆弱性 - フィッシングに悪用されるおそれ
わずか3日、「Apache HTTPD」が再修正 - 前回修正は不十分、RCEのおそれも
独自コードで検証、「Apache HTTPD」の修正不備を発見