Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WordPressサイトの管理プラグインなどに深刻な脆弱性

コンテンツマネジメントシステム(CMS)のWordPress向けに提供されているプラグイン「InfiniteWP Client」「WP Time Capsule」に深刻な脆弱性が明らかとなった。脆弱性を突かれるとサイトを乗っ取られるおそれがある。

「InfiniteWP Client」は、「WordPress」で運営する複数のサイトを、外部サーバより統合管理できるプラグイン。少なくとも30万件以上のサイトに導入されており、開発者のサイトでは50万以上のサイトで導入されているとうたわれている。

同プラグインに認証をバイパスできる脆弱性が明らかとなったもので、管理者のユーザー名さえわかれば、細工したリクエストでパスワードなしにプラグインが導入されたサイトへログインが可能となる。

同脆弱性は、WebARXが発見したもので、1月7日に開発者へ報告。脆弱性を解消した「同1.9.4.5」が翌8日にリリースされた。

またWordPressのバックアップサービス「Backup and Staging by WP Time Capsule」向けに提供されているプラグインにも同様の脆弱性が判明。WebARXより報告を受けた開発者は、脆弱性を修正した「同1.21.17」を提供している。

アップデートがリリースされたことを受け、WebARXではセキュリティアドバイザリを同月14日にリリースし、脆弱性の詳細を公表。プラグインの利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「「クリティカル」の脆弱性に対処
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開
「OpenSSL」にスクリプトインジェクションの脆弱性 - アップデートが公開
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
テキストエディタ「vim」に深刻な脆弱性 - パッチがリリース
SVG形式を変換するNode.jsパッケージに複数の脆弱性
Foxit、複数脆弱性を解消した「Foxit PhantomPDF 10.1.8」を公開