Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

HDD破壊後に台数確認なく、異常気付かず - ブロードリンク

内訳を見ると、ハードディスク1286台やソリッドステートドライブ(SDD)1224台のほか、USBメモリやSDメモリカード、スマートフォン、タブレットなどが含まれる。

その間ブロードリンクで扱われた機器は321万2415台。顧客側でデータを消去した場合や、元従業員とは異なる拠点で処理されたケース、記憶領域がない機器などを除くと22万8832台となり、これらから持ち出された可能性がある。これら機器の処分を委託していた組織名については、調査中であることを理由に明らかにしていない。

同社では、オークションサイトなどで売却された機器の紹介画像にあるシリアル番号などを調査し、同社が扱った機器が3904台に含まれているか、照合作業を進めている。

また今回の問題では、実際に持ち出された台数はわかっておらず、他サイトやインターネット以外で売却していた場合は、さらに台数が膨らむことになる。元従業員はすでに逮捕されており、今後の捜査の行方が注目される。

(Security NEXT - 2019/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

従業員が顧客情報を家庭ゴミに、郵送され発覚 - サカイ引越センター
疾病関係の行政文書が所在不明、廃棄前の引き継ぎで判明 - 奈良県
再委託先が顔認証の搭乗関連情報を不正持出 - 東京国際空港ターミナル
トヨタのコネクテッドサービスで申込書約14万件が所在不明
従業員が営業情報を不正持ち出し - And Do HD子会社
主任計量者の試験問題や個人情報含むUSBメモリを紛失 - 三重県
職員が公文書を持ち帰り、家庭ゴミとして処分 - 相模原市
酒に酔って個人情報を紛失した職員を処分 - 東京都
飲酒後帰宅途中に眠り込み児童相談の個人情報を紛失 - 東京都
神戸市民生委員が車盗被害、高齢者台帳も - 車両見つかり今後詳細調査