Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome 79」では深刻な脆弱性2件含む51件の修正を実施

「Chrome」の開発チームは、「Windows」「macOS」「Linux」向けに最新版となる「Chrome 79.0.3945.79」をリリースした。数週間以内に展開するとしている。

「Chrome 79」では、マスク可能なアイコンに対応したほか、スマートフォンやヘッドマウントディスプレイ向けの「WebXR Device API」を追加するといった機能強化を実施。またセキュリティ面では、51件の修正を実施した。

脆弱性について、開発チームはCVE番号ベースで37件に対処したことを明らかにしている。重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は2件。パスワードマネージャーでヒープバッファオーバーフローが発生する「CVE-2019-13726」や、Bluetoothにおいて解放後のメモリにアクセスする「CVE-2019-13725」を修正した。

次に重要度が高い「高(High)」とされる脆弱性は8件。JavaScriptエンジンの「V8」において型の取り違えや域外メモリへの書き込む脆弱性を解消したほか、「SQLite」やオーディオ処理などにおける問題を解消している。

さらに重要度が3番目にあたる「中(Medium)」とされる脆弱性18件のほか、「低(Low)」の脆弱性9件に対応した。

(Security NEXT - 2019/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
MobileIronのMDM関連脆弱性、PoCリリースでリスク上昇
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
脆弱なファイル管理用WPプラグインを狙う攻撃を国内で観測
「TLS 1.2」以前に「Raccoon Attack」のおそれ - OpenSSL、F5などが対処
「Office 2010」のサポート終了まで1カ月 - 「Office 2016 for Mac」も