Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KeyWe製スマートロックに深刻な脆弱性 - 更新未対応で修正できず

F-Secureは、KeyWe製の「スマートロック」に深刻な脆弱性が存在し、第三者によって容易に解錠が行われるおそれがあることを明らかにした。アップデートに対応していないため、機器を交換する以外に脆弱性を解消する方法はないという。

問題が明らかとなった「KeyWe Smart Lock」は、スマートフォンのアプリによる施錠や解錠に対応した一般住宅向けに提供されているいわゆる「スマートロック」。クラウドファンディングであるKickstarterを通じて資金調達を実施し、製品化を実現した。

Kickstarterより機器の提供を受け、分析を行ったF-Secureによれば、
同製品では、通信に「Bluetooth Low Energy(BLE)」を用いているが、設計上の問題で保護機能をバイパスすることが可能。

スマートロックとモバイルアプリ間の通信を傍受し、ロックを制御するパスワードを容易に入手して、第三者が解錠に利用できるという。

(Security NEXT - 2019/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ
Apple、macOSやスマートデバイス向けにセキュリティ更新
Windowsの「ポイントアンドプリント」にゼロデイ脆弱性 - PoC公開済み
MS、「PrintNightmare」に追加パッチを準備中 - LPEで別のCVE番号を採番