Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部MSアプリで「OAuth」設定に不備 - アカウント奪取のおそれ

発行されたアクセストークンの承認に用いるリンクを細工することが可能で、ソーシャルエンジニアリングを用いて攻撃対象者にリンクをクリックさせたり、細工したウェブサイトにアクセスさせることで承認させることで、アカウントを乗っ取ることが可能だった。

今回の問題は、マイクロソフトが提供する「Project Portfolio Management」「Office 365 Secure Score」「Microsoft Service Trust」といったアプリで確認されたという。10月29日に発見して同日にマイクロソフトへ報告。いずれも11月19日に問題は修正された。

CyberArkは、「OAuth 2.0」についてすぐれたソリューションだが、実装や設定に問題があると大きな影響を与えると指摘。信頼されていないアプリケーションなどが登録されていないか、今一度確認するよう注意を喚起した。また未使用のアプリケーションを無効化したり、「OAuth」により許可される権限を最小限に抑えるなど対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性「FragAttacks」が判明 - ほぼすべてのWi-Fi機器に影響
「WordPress 5.7.2」が公開 - 1件のセキュリティ修正
「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発
MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み
「EC-CUBE」の無償診断サービスが緊急脆弱性に対応 - 痕跡調査も
「Citrix Workspace App」に権限昇格の脆弱性 - アップデートを公開
Adobe、13製品向けにセキュリティアップデートを公開
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性
「Adobe Experience Manager」に6件の脆弱性 - 修正版が公開
eコマースプラットフォーム「Magento」にセキュリティアップデート