Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

すぐれたセキュ論文表彰する「辻井賞」が募集を開始

日本セキュリティ・マネジメント学会(JSSM)は、すぐれた情報セキュリティの論文を表彰する「第5回 辻井重男セキュリティ論文賞」の募集を開始した。

同賞は、若手の研究者や実務家の情報セキュリティ分野における技術やマネジメントに関する論文を表彰するもので2015年にスタート。今回で5回目を迎えた。

対象となる論文は、未発表の論文もしくは募集開始日から過去3年以内に発表した論文で、同賞に未応募のもの。学生に限らず広く応募が可能。

今回より、審査基準を「学術研究論文」と「実務課題論文」とにわけ、明確化したほか、実務課題論文の主筆者の年齢制限を廃止している。

応募締め切りは、2020年1月14日まで。2020年2月末ごろまでに大賞や特別賞、優秀賞などを選出し、結果を応募者に発表。また2020年春に開催する「JSSMセキュリティ公開討論会」にて表彰を行う予定。詳細は同学会のウェブサイトから。

(Security NEXT - 2019/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

若年層セキュコンクールの受賞候補を公開 - 意見を募集
セキュ分野功績者を表彰する「総務大臣奨励賞」が募集開始
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」が決定 - 2名1団体が受賞
セキュリティ分野の「総務大臣奨励賞」が決定
若手対象「辻井重男セキュリティ論文賞」募集開始 - JSSM
中国で脆弱性を発見する国際コンテスト - 11製品で脆弱性が明らかに
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
セキュリティ啓発の動画コンテスト開催 - トレンド
ウェブルート、川柳コンテストの入賞作品を発表
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情セ大