Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

10月は「Emotet」が急増 - 3カ月間の休止経て

10月に「Emotet」の検知が急増した。一時収束が見られたが、9月にふたたび活動を開始して急激に拡大。ランサムウェアを感染させる攻撃などに悪用されている。

米Check Point Software Technologiesが、同社製品における検知状況を取りまとめたもの。10月にもっとも観測されたマルウェアは「Emotet」。ワールドワイドにおいて14%の組織から検出された。

前月は5番目に多く検出されたが、一気にトップへ躍り出た。同マルウェアは、3カ月間活動を休止していたが、9月に攻撃を再開。急速に拡大しているという。

また攻撃手法も変化している。もともと不正送金を行うトロイの木馬として知られるが、最近はランサムウェア「Ryuk」など、他マルウェアのダウンローダーとして活動。10月には、「ハロウィン」に便乗する攻撃も多数報告されたという。

「Emotet」は、メールにより感染が拡大しており、セキュリティ対策製品による対策はもちろん、信頼できるメール以外は、添付ファイルやリンクを開かないよう従業員へリスクを周知するよう警鐘を鳴らしている。

次いで多かったのは、暗号資産(仮想通貨)である「Monero」のマイニングに使用される「XMRig(7%)」で、バンキングトロジャン「Trickbot(6%)」が続いた。

一方、脆弱性に対する攻撃の検知は、「SQLインジェクション」が36%で最多。「OpenSSL」における「Heartbleed」に対する攻撃が33%、「MVPower DVR」に対するコード実行が32%で続いた。

(Security NEXT - 2019/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

J-CSIP、標的型攻撃情報29件を共有 - FAX起点とするBECも
国内上場企業が優先対処したいリスク、上位に「サイバー攻撃」
2022年1Qのセキュ相談、前四半期比4割増 - Emotet関連が約54.7倍
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
2022年1Qのインシデント、前四半期から15.2%減
中小企業の3分の1、直近3年間のセキュ投資ゼロ - 「必要性を感じない」
2月下旬より「Emotet」のC2通信急増 - 平日多く、週末に低下
「Emotet」相談、前月の約7倍に - 自然な日本語と具体的な指示で信用させる文面も
不正送金マルウェアの検知数が大きく減少
マルウェア減るもランサムウェアは前年から倍増