Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

契約者情報が委託先から漏洩、委託先社長が窃盗罪で起訴 - NHK

NHKは、受信料収納業務の委託先から受信契約者の個人情報が漏洩したことを明らかにした。委託先社長自らキャッシュカードをだまし取る窃盗事件に関与した疑いが持たれている。

同局によれば、委託先である法人の社長が個人情報を漏洩したもの。名古屋市と春日井市の受信契約者23人分の個人情報で、氏名や住所、電話番号、口座振替用の金融機関名などが含まれる。

業務用携帯端末に表示される受信契約者情報を口頭で漏洩したもので、共謀して高齢者からキャッシュカードをだまし取った窃盗の罪で共犯者とともに逮捕、起訴された。

同局では同法人との契約を解除。今回の事件を受け、携帯端末で金融機関名を表示しないよう改修した。また全国の委託先法人を対象に、個人情報の管理状況について点検や研修を実施する。

(Security NEXT - 2019/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

固定資産税下げようとシステム改ざん、職員を停職処分 - 上尾市
不正アクセスや不正行為で教員を懲戒処分 - 北九州市立大
住基ネットの個人情報漏洩で職員を懲戒免職 - 杉並区
宣伝会議、不祥事ランキングを公表 - 求められる迅速な誠意ある対応
懲戒処分の検討契機に別職員による不正アクセスが発覚 - 小竹町
SCSKに対するプライバシーマーク付与が1カ月間停止に
米同盟やEU、中国支援のサイバー攻撃を批判 - 関係者の訴追も
自宅で個人情報を保持して外部漏洩、職員を懲戒免職 - 弘前市
N国代表、個人情報不正入手で書類送検 - 「相手が開示した」と説明
「7pay不正アクセス事件」は約6割が認知 - 「スミッシング」は3割届かず