Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

niconicoにパスワードリスト攻撃 - 不正ログイン検出

動画サービス大手のniconicoは、なりすましによる不正ログインを複数確認しているとして、注意を呼びかけている。

第三者が利用者になりすまし、サービスへの不正ログインを試みる「パスワードリスト攻撃」が確認されたもの。実際に複数のアカウントがログインを許したという。不正ログインされたアカウントについては、パスワードのリセットを実施した。

不正ログインに使われたメールアドレスとパスワードについては、同社以外で入手されたものと説明、同社経由の流出については否定している。

不正にログインされた場合、ポイントの不正利用や追加購入、動画やコメントなどの投稿、登録情報の閲覧、変更などが行われる可能性があるとして、利用者にパスワードの適正な管理を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/10/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ブラザー会員サイトで不正ログイン、P交換被害も - 3月末からアクセス急増
ふるさと納税支援サイトにPWリスト攻撃 - 2000以上のIPアドレスから
「KLab ID」で約3000件の不正ログイン - 2段階認証を必須化
通販サイトに対する21回のPWリスト攻撃を検知 - セシール
「KLab ID」で不正ログイン - 新規登録機能で攻撃対象を絞り込み
ディノス通販サイトに1605回のログイン試行 - 41件で不正ログイン
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
「マイナビ転職」にPWリスト攻撃 - 履歴書21万人分に不正ログイン
LINEにPWリスト攻撃 - 2段階認証未適用の問合フォームが標的に
PWリスト攻撃が約10万回、約1500件が実在し半数超でログイン許す - ヌーラボ