Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

財務支援サービスに不正アクセス、顧客情報が流出 - 三菱UFJ銀

三菱UFJ銀行は、財務支援サービスが不正アクセスを受け、一部顧客や顧客取引先に関する情報などが流出したことを明らかにした。

資金や決済などを支援する同行の「ローカルキャッシュマネジメントサービス(LCMS)」が不正アクセスを受けたもの。10月4日に判明した。

顧客がインターネット経由で同サービスへ接続する際、認証および暗号化を行うが、同行によれば、東京に設置されている認証システムが外部から脆弱性が突かれる不正アクセスを受けたという。

同行が調査を行ったところ、今回の不正アクセスにより、台湾拠点における一部顧客の画面が外部より閲覧され、情報が流出した。

(Security NEXT - 2019/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日産証券、不正アクセス受けた取引システムを廃止 - 一部代替システムへ
クラウド設定ミスによる顧客情報流出で対象者を特定 - 琉球銀
クラウド設定不備で顧客情報に外部アクセス - 琉球銀
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
北國銀行子会社運営の通販モールに不正アクセス
「ドコモ口座」の一部利用者に対して本人確認実施 - NTTドコモ
警察庁、キャッシュレス決済サービスの不正出金で注意喚起 - 便乗詐欺にも警戒を
口座利用者以外が「mijicaカード」を不正作成か - カード到着前に利用形跡
ゆうちょ銀、210件4940万円を補償 - 173件は本人や家族利用として対象外に