Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米Palo Alto、IoTセキュリティのZingboxを買収

米Palo Alto Networksは、IoT向けにクラウドベースのセキュリティソリューションを展開する米Zingboxを約7500万ドルで買収した。

Zingboxは、接続デバイスの検出や識別、保護などを行えるIoT機器向けのクラウドサービスを展開。デバイス固有の特徴や動作を機械学習で可視化し、学習した本来の動作との差異から異常を検知できる。

Palo Alto Networksは、約7500万ドルの現金で同社を買収。今後はZingboxの機能をファイアウォールやセキュリティプラットフォーム「Cortex」で活用し、接続デバイスの可視化や制御などが可能となるサブスクリプションサービスを提供する見込み。またZingboxの既存ユーザーは、製品を継続して利用できるとしている。

(Security NEXT - 2019/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

手動依存の脱却目指した新プラットフォーム「Cortex XSIAM」を発表 - パロアルト
クラウド処理を活用、「PAN-OS 10.2 Nebula」をリリース - パロアルト
RPAなど活用したウェブアプリの定額診断サービス - ラック
NICT、プライバシー保護連合学習技術をイエラエに技術移転
複数ソースのログを分析、課題と対策をレポートするサービス - 網屋
「FireEye」「McAfee Enterprise」統合後の新会社は「Trellix」
Akamai、WAFとAPI防御を統合したWAAP「App & API Protector」を発表
実証実験で9割以上の特殊詐欺によるATM利用を検知 - ラックと三菱UFJ銀
匿名加工情報作成ソフトに新版、架空パーソナルデータの合成に対応
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応