Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BIGLOBE利用者狙うフィッシングに注意 - ログインページを偽装

インターネットサービス「BIGLOBE」を装ったフィッシングサイトが確認された。同サービスを提供するビッグローブでは注意を呼びかけている。

問題のフィッシングサイトは、「BIGLOBEメール」のログインページを偽装。「メールアドレス」あるいは「ユーザーID」と「パスワード」を入力させようとしていた。

アカウント情報を詐取されると、メールを送受信されるなどサービスを不正に利用されるおそれがあると同社は指摘。ログインページが正規のURLであることや、SSL/TLSの証明書が「BIGLOBE」向けに発行されたものであることなどを確認するよう利用者へ求めている。

(Security NEXT - 2019/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ServerProtect for Linux」に「OSコマンドインジェクション」の脆弱性
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
Windows向けの旧版「ウイルスバスタークラウド」に複数脆弱性
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
「Firefox 81」が公開、複数脆弱性を修正 - 延長サポート版も更新
CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート