Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BIGLOBE利用者狙うフィッシングに注意 - ログインページを偽装

インターネットサービス「BIGLOBE」を装ったフィッシングサイトが確認された。同サービスを提供するビッグローブでは注意を呼びかけている。

問題のフィッシングサイトは、「BIGLOBEメール」のログインページを偽装。「メールアドレス」あるいは「ユーザーID」と「パスワード」を入力させようとしていた。

アカウント情報を詐取されると、メールを送受信されるなどサービスを不正に利用されるおそれがあると同社は指摘。ログインページが正規のURLであることや、SSL/TLSの証明書が「BIGLOBE」向けに発行されたものであることなどを確認するよう利用者へ求めている。

(Security NEXT - 2019/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に
MS、5月の月例パッチで脆弱性73件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
「Magnitude Simba」のODBCドライバなどに脆弱性
富士通製のセキュリティ帯域制御製品に深刻な脆弱性
「OpenSSL」に4件の脆弱性 - アップデートが公開
「Cisco NFVIS」に深刻な脆弱性 - ゲストVMよりホスト乗っ取りのおそれ
「Firefox 100」が公開 - 機能強化や脆弱性修正を実施