Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「東北文化の日」の旧ドメインを第三者が取得 - マルウェア配布に利用か

東北6県や仙台市が推進する「東北文化の日」事業で過去に利用したドメインが第三者に取得されたことがわかった。マルウェアに感染するおそれがあるとして注意が呼びかけられている。

同事業では、10月最終土曜日および翌日を「東北文化の日」と定め、東北地域に関する文化情報を発信。文化施設を基点とした交流の拡大を目指す事業として2010年にスタートした。

同事業では、旧ウェブサイトを2019年6月30日に閉鎖したが、同サイトで利用していたドメインを第三者が8月に取得。現在は同事業とは関係ないコンテンツの配信に利用されている。

10月11日に同県職員が、同ドメインへアクセスするとWindowsに関する偽の警告画面が表示され、ソフトのインストールを促すページに誘導される状態となっていることに気が付いた。

同県では詳しい原因や影響を調べており、同県サイトから同ドメインへのリンクを削除した。

マルウェアに感染するおそれがあるとして、同日より旧サイトへアクセスしないよう注意喚起を行うとともに、「東北文化の日」に関する情報については、同県サイト内にあるページへアクセスするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、5月の月例パッチで脆弱性73件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
フィッシングサイト、4月だけで1万件超 - 「au」の悪用報告が4.5倍に
「フィッシング対策協議会」を装うフィッシング攻撃に注意
2021年のフィッシング報告、後半に増加 - 狙う業種は「金融」から「通信事業者」に
J-CSIP、標的型攻撃情報29件を共有 - FAX起点とするBECも
20以上の言語に対応、脅威情報の調査報告サービス
Emotet感染でメール約85万件が流出した可能性 - JP-AC
メアドスペルミスで学生情報を誤送信 - 京都芸術大
「Emotet」感染でなりすましメール出回る - サガン鳥栖
フィッシングURLやブランド悪用が過去最多 - 報告は8万件超に