Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサム「HildaCrypt」に復号ツール - 開発者が復号キーを提供

ランサムウェア「HildaCrypt」の復号ツールがリリースされた。開発者が復号用のプライベートキーを提供したという。

同ランサムウェアは、「AES 256」や「RSA 2048」を用いてファイルを暗号化するランサムウェア。感染すると拡張子が「.HCY!」「.mike」へ変更される。ランサムウェアの名前は、人気アニメ「ヒルダの冒険」の主人公をもとに命名されたものと見られる。

ランサムウェアを発見したセキュリティ研究者がランサムウェア「Stop」の亜種であると指摘したところ、開発者が異なるランサムウェアの「HildaCrypt」であることを明らかにし、復号するためのプライベートキーを提供したという。

同研究者より復号キーの提供を受けたID Ransomwareの研究者が復号化ツールを開発。Emsisoftを通じてリリースされた。開発者は同ランサムウェア「教育目的」で作成したものと釈明しているが、Emsisoftは悪用されるおそれがあると指摘。被害が生じた場合は無料の復号ツールを活用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米同盟やEU、中国支援のサイバー攻撃を批判 - 関係者の訴追も
「SonicWall」の旧製品に差し迫るランサムウェアの危機
委託先に不正アクセス、個人情報800万件流出か - NTTぷらら
MSPも利用するIT管理ツールがゼロデイ攻撃の標的に - 日本でも検知
サーバや端末など25台でランサム被害 - 摂津金属工業
マルウェアメール、日本が検出最多 - ESETまとめ
不正アクセスで一部個人情報が海外に流出 - 福祉用具レンタル会社
川崎汽船の海外子会社に不正アクセスか - 闇サイトにデータ
日本空港給油でランサム感染被害 - 航空機給油業務に影響なし
富士フイルム、情報流出なし - 業務や流通も通常どおりに