Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Zendesk」の一部顧客情報が流出 - 外部の指摘で判明

さらに約700件については、顧客が同社へ提供したTLS暗号鍵や、マーケットプレイスより導入したり、独自に利用するアプリの構成設定、それらアプリが用いるサードパーティサービスの認証キーなどについても流出した可能性がある。

同社では対象となる顧客へ連絡を取り、事情を説明。法執行機関や規制機関などへ通知するとともに、調査を進めている。

今回の事態を受けて、予防的な措置として11月1日以降にパスワードの変更やシングルサインオンを実施していない利用者についてパスワードの変更を実施。

また11月1日以前に同社へ提供したTLS証明書や、マーケットプレイスなどからインストールしたアプリにおける認証情報の変更など実施するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で会員のメアド流出 - 子ども向けプログラミング教室
クイズ応募者情報を誤表示、負荷分散サービスの設定ミスで - 岡山放送
ファイル内に顧客情報、気付かず提携先に複数送信 - 神奈川銀
自動返信メールで設定ミス、問合メールが全登録者に - トヨクモ
持出情報同期したクラウドアカウントがフィッシング被害 - 千葉大付属病院
会議室予約システムに不正アクセス、予約者情報流出の可能性 - 慶大
若年選手育成選考会の関係者メアドが流出 - 群馬県スポーツ協会
傍聴登録者へのメールで誤送信 - 総務省
キャンペーンの案内メールで誤送信 - 人材派遣会社
オンライン会議の招待メール作成機能でメールアドレスが流出 - 東京都