Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Zendesk」の一部顧客情報が流出 - 外部の指摘で判明

カスタマーサポートサービス「Zendesk Support」やチャットサービス「Zendesk Chat」の一部顧客情報が外部へ流出したことがわかった。

Zendeskによれば、外部の指摘により、同社の一部顧客に関するアカウント情報が流出していることが9月24日に判明したもの。個人を特定できるデータなどが含まれていた。

2016年11月以前に流出したものと見られ、2016年11月1日より前に有効化したアカウントを持つ顧客が対象。トライアルユーザーや、すでに無効化されたアカウントも含まれる。

同社では、影響を受けた1万件のアカウントを特定。ユーザーの氏名、メールアドレス、電話番号、ソルトを追加したハッシュ化済みのパスワードなどが含まれていた。

ただし、チケットに関するデータの流出は否定。流出した情報を用いたと見られるアクセスの証跡は見つかっていないとしている。

(Security NEXT - 2019/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

建築家向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
メルマガシステムに不正アクセス、顧客情報が流出 - 福岡のカレー店
「LINEスタンプ」クリエイターの個人情報が流出 - 設定ミスで
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便
クラウドに不正アクセス、取引先情報の流出を確認 - 三菱電機
ボランティア育成プログラム参加者宛のメールで誤送信 - 人と動物の共生センター
メール誤送信で大学祭グッズ申込者のメアド流出 - 上智短大