Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Zendesk」の一部顧客情報が流出 - 外部の指摘で判明

カスタマーサポートサービス「Zendesk Support」やチャットサービス「Zendesk Chat」の一部顧客情報が外部へ流出したことがわかった。

Zendeskによれば、外部の指摘により、同社の一部顧客に関するアカウント情報が流出していることが9月24日に判明したもの。個人を特定できるデータなどが含まれていた。

2016年11月以前に流出したものと見られ、2016年11月1日より前に有効化したアカウントを持つ顧客が対象。トライアルユーザーや、すでに無効化されたアカウントも含まれる。

同社では、影響を受けた1万件のアカウントを特定。ユーザーの氏名、メールアドレス、電話番号、ソルトを追加したハッシュ化済みのパスワードなどが含まれていた。

ただし、チケットに関するデータの流出は否定。流出した情報を用いたと見られるアクセスの証跡は見つかっていないとしている。

(Security NEXT - 2019/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
イベント抽選結果メールで送信ミス - 北区文化振興財団
データ削除済みの旧通販サイトに対する不正アクセスが判明 - ニッスイ関連会社
メルマガで送信ミス、登録者のメアド流出 - 三好市
元従業員の働きかけに応じて従業員が顧客情報を漏洩 - 野村證券
「Emotet」に感染、なりすましメールが送信 - 岩出建設
顧客への連絡メール誤送信でメアド流出 - スポーツ用品メーカー
メルマガ誤送信で登録者のメアド流出 - ひろしま産業振興機構
日本医師会で「Emotet」感染 - 「なりすましメール」出回る
案内メール誤送信でスクール参加者のメアド流出 - 自然科学研究機構