Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「FONルータ」がDDoS攻撃に悪用されるおそれ - 修正更新を実施

FONが提供する「FONルータ」が、不特定多数からのDNSクエリへ返答する「オープンリゾルバ」として動作していることが明らかとなった。

「FON2601E-SE」「FON2601E-RE」「FON2601E-FSW-S」「FON2601E-FSW-B」の「ファームウェアバージョン1.1.7」以下において、DNSによる不特定多数からの問い合わせへ応答するオープンリゾルバの状態となっていることが判明したもの。

DDoS攻撃の一種である「DNSリフレクション攻撃」の踏み台として悪用されるおそれがあり、「CVE-2019-6015」が採番されている。

同脆弱性は、アルテリア・ネットワークスの岡崎英喜氏がJPCERTコーディネーションセンターへ報告したもので、同センターが調整を実施した。FONではオンラインアップデートを実施する方針で、インターネット回線へ数時間接続することで修正されるとしている。

(Security NEXT - 2019/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome 90」が公開、37件のセキュリティ修正 - 前回更新からわずか1日で
米政府、サイバー攻撃など理由にロシアへ制裁 - SolarWinds侵害も正式に認定
SAP、4月の月例アップデートを公開 - CVSS基本値「9.9」のRCE脆弱性も
スマホアプリ「ぐるなび」に脆弱性 - 任意サイトへの誘導に悪用されるおそれ
「Chrome 89.0.4389.128」で脆弱性2件を修正 - いずれもエクスプロイトの報告あり
「Adobe Bridge」や「Photoshop」など複数Adobe製品に深刻な脆弱性
MS、月例セキュリティ更新で脆弱性108件に対応 - 一部でゼロデイ攻撃も
NEC製ルータ「Atermシリーズ」の複数製品に脆弱性
「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開