Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

北朝鮮攻撃グループ「Lazarus」の新ツールを発見 - 現在も攻撃に使用

また亜種によって行動にばらつきが見られ、窃取した情報を内部に保管するケースや外部のコマンド&コントロール(C&C)サーバへ送信するものが確認されている。

同ツールを発見するきっかけとなったのは、インドのATMを狙って同グループが展開したマルウェア「ATMDtrack」だった。

「ATMDtrack」は、ATMへ挿入されたカード情報を盗み出すマルウェア。同社では2018年より同マルウェアの調査を進めていたが、関連する180超のあらたな検体を解析した際、パラメータ文字列などに共通点が見られるなど同ツールと類似しつつも、ATMを標的としていない検体をあらたに発見したという。

同社は、「ATMDtrack」や今回発見した「Dtrack」は、Lazarusが2013年に展開したサイバー攻撃「DarkSeoul」とも類似点が見られた点についても言及。今回の発見によって、現段階も「Lazarus」が活発に展開していることを示していると指摘した。

(Security NEXT - 2019/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

北朝鮮グループ「Lazarus」が悪用する10種類のツール
「Lazarus」が新コロ研究情報を物色 - 政府や製薬企業に攻撃
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
国内組織で「HIDDEN COBRA」のマルウェアを観測 - ファイルサイズは約150Mバイト
米政府、北朝鮮関与「BeagleBoyz」に注意喚起 - 金融機関狙う「FASTCash 2.0」を展開か
米政府、マルウェア「BLINDINGCAN」のIoC情報を公開 - 北朝鮮関与か
標的型メール攻撃で感染する「Konni」に警戒呼びかけ - 米政府
経済制裁下でサイバー攻撃への依存高める北朝鮮 - 米政府が対策呼びかけ
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
国家関与のサイバー攻撃、新型コロナ問題に便乗 - 中国のグループも