Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

北朝鮮攻撃グループ「Lazarus」の新ツールを発見 - 現在も攻撃に使用

北朝鮮の関与が疑われる攻撃グループ「Lazarus」の攻撃ツール「Dtrack」があらたに確認された。金融機関や研究施設などが標的となっていたという。

「Lazarus」はデータや金銭の窃取、マルウェアによる破壊活動などで知られるサイバー攻撃グループ。WannaCry」や「Sony Pictures Entertainment(SPE)」に対する攻撃へ関わったとされる。北朝鮮との関与が指摘されており、米財務省では、関連組織を含めて経済制裁を実施している。

今回あらたにインドの金融機関や研究施設で、新種の「リモートアクセスツール(RAT)」である「Dtrack」が確認されたもので、Kasperskyが明らかにした。

同社によれば、同マルウェアは無害な実行ファイルのバイナリに、暗号化したコードを埋め込むことで出回っていた。2019年9月に入ってからも同マルウェアを用いた活動が観測されているという。

感染後は、ファイルのアップロードやダウンロードなどを行うほか、キー入力の内容をはじめ、ブラウザの履歴、IPアドレスや実行プロセス、端末内部のファイルなどのデータを窃取。またプロセスの実行も可能でリモートより端末を制御されるおそれがある。

(Security NEXT - 2019/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
国内組織で「HIDDEN COBRA」のマルウェアを観測 - ファイルサイズは約150Mバイト
米政府、北朝鮮関与「BeagleBoyz」に注意喚起 - 金融機関狙う「FASTCash 2.0」を展開か
米政府、マルウェア「BLINDINGCAN」のIoC情報を公開 - 北朝鮮関与か
標的型メール攻撃で感染する「Konni」に警戒呼びかけ - 米政府
経済制裁下でサイバー攻撃への依存高める北朝鮮 - 米政府が対策呼びかけ
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
国家関与のサイバー攻撃、新型コロナ問題に便乗 - 中国のグループも
北朝鮮関与の複数マルウェア、米政府が分析情報
「7pay不正アクセス事件」は約6割が認知 - 「スミッシング」は3割届かず