Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

上半期の不正アクセス検挙182件 - 関係者の犯行が最多

オンラインバンキングにおける不正送金の被害件数は182件。被害額は1億6500万円だった。前年同期の212件、3億7300万円を下回った。

仮想通貨交換所などを狙った不正アクセスで、不正に仮想通貨が送信された事件の認知件数は9件。被害額は日本円で約121万円だった。いずれも前年同期の158件、約605億300万円から大幅に減少している。

20190930_np_002.jpg
オンラインバンキングの不正送金被害額推移(グラフ:警察庁)

(Security NEXT - 2019/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
中小企業の3分の1、直近3年間のセキュ投資ゼロ - 「必要性を感じない」
EC事業者の4社に1社、不正アクセスや不正注文を経験
ECサイトの情報流出被害、4割で1000万円超 - 責任範囲や技術の理解乏しく
約8割がスマホアプリ開発時などにセキュ対策 - 「自信ない」との声も
情シス担当者、「ゼロトラストを理解している」21%
2021年のマルウェア届出、前年の2倍 - ランサム感染被害は39件
2021年の上場関連企業の個人情報事故は137件 - TSRまとめ
ゲーム利用者の約4割が複数ゲームアカウントでパスワードを使いまわし
テレワーク実施、2021年は2020年に比べて微減 - MMD研究所調べ