Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

宿泊プラン比較サービスのメルアカに不正アクセス - ヘッダ情報が流出

法人向けの宿泊プラン比較サービス「旅くら」において、業務用メールアカウントが不正アクセスを受け、迷惑メールの送信に利用されたほか、一部受信メールのヘッダ情報が流出したことがわかった。

同サービスを運営するビッグローブによると、第三者によって連絡用メールアカウントのパスワードが類推されて不正アクセスを受け、顧客のメールアドレス1895件などが流出したことが判明したもの。

9月17日に同サービスで業務連絡に用いていたメールアカウントを送信元とする迷惑メールが送信されていたことを同社で検知し、問題を把握したという。

問題のアカウントを停止し、同社でログの調査を行ったところ、IMAPコマンドを用いて同アカウントの受信ボックスに保存されていたメールのヘッダ情報を取得されたことがわかった。

(Security NEXT - 2019/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数小売事業者が利用するECシステムに不正アクセス - 個人情報約15万件に影響か
ふぐ料理店通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
加工食品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出のおそれ
医師のクラウドアカウントに不正アクセス - 愛知県がんセンター
不正アクセスで食堂車予約客などの個人情報が流出した可能性 - 明知鉄道
デザイン婚姻届の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
JTB海外関連会社への不正アクセス、原因はアカウント侵害 - 北米顧客の情報流出は確認されず
問い合わせ管理システムに不正アクセス、個人情報最大10万件が流出か - 白崎コーポレーション
サイトよりクレカ情報流出、不正利用された可能性 - 打楽器専門店
従業員メルアカが乗っ取り被害、訓練効果で早期に把握 - EIZO