Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先で手術予定リストが盗難 - 国立国際医療研究センター

国立国際医療研究センター病院は、委託先従業員が盗難に遭い、同院の手術予定リストが被害に遭ったことを明らかにした。

同院によれば、9月2日に委託先の従業員が、業務車両内に鞄を置いたまま、同社倉庫内で作業していたところ、車上荒らしに遭ったという。

持ち去られた鞄には、同院が手術の安全上、使用する機器を確認するために提供した手術予定リストが入っていた。

同リストには、7月30日から8月16日まで、整形外科で手術予定だった患者33人の氏名、年齢、性別、手術予定日、術式、執刀医の名字などが記載されている。

委託先では警察へ被害を届けた。同院では、対象となる患者に説明と謝罪を実施。委託業者へ情報を提供する際には、患者の氏名を加工するなどの対策を行うとしている。

(Security NEXT - 2019/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

患者撮影データ含むPCが所在不明に - 松下記念病院
複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
看護師が業務で私的にクラウド利用 - 設定ミスで公開状態に
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
血液検査結果を保存したUSBメモリが所在不明 - 北野病院
患者情報含むPCが駐輪場で盗難、防犯カメラで判明 - 京都府立医科大付属病院
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
職員端末が「Emotet」感染、診療系システムには影響なし - 関西医科大
派遣職員が個人情報を持ち帰り、廃棄か - 可児とうのう病院