Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Flash Player」に2件の深刻な脆弱性 - アップデートをリリース

Adobe Systemsは、「Adobe Flash Player」における複数の深刻な脆弱性へ対処したセキュリティアップデートをリリースした。

20190911_as_001.jpg
アップデートをリリースしたAdobe Systems

解放後のメモリへアクセスする「Use After Free」の脆弱性「CVE-2019-8070」や、同一オリジンメソッド実行の脆弱性「CVE-2019-8069 」へ対処したもの。悪用されると、実行中のユーザー権限でコードを実行されるおそれがある。

「Windows」「macOS」「Linux」のいずれも影響があり、重要度は3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」。悪用は確認されていない。

同社は「Windows」や「macOS」「Linux」およびブラウザ同梱版の最新版として「同32.0.0.255」をリリースした。

「Linux」以外に関しては適用優先度を3段階中2番目にあたる「2」とレーティング。30日以内を目安にアップデートするよう呼びかけている。「Linux」に関しては3番目にあたる「3」としており、任意のタイミングでアップデートするよう求めた。

(Security NEXT - 2019/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome 90」が公開、37件のセキュリティ修正 - 前回更新からわずか1日で
米政府、サイバー攻撃など理由にロシアへ制裁 - SolarWinds侵害も正式に認定
SAP、4月の月例アップデートを公開 - CVSS基本値「9.9」のRCE脆弱性も
スマホアプリ「ぐるなび」に脆弱性 - 任意サイトへの誘導に悪用されるおそれ
「Chrome 89.0.4389.128」で脆弱性2件を修正 - いずれもエクスプロイトの報告あり
「Adobe Bridge」や「Photoshop」など複数Adobe製品に深刻な脆弱性
MS、月例セキュリティ更新で脆弱性108件に対応 - 一部でゼロデイ攻撃も
NEC製ルータ「Atermシリーズ」の複数製品に脆弱性
「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開