Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox 69」をリリース、仮想通貨マイニングをブロック - 脆弱性20件を修正

Mozilla Foundationは、最新版ブラウザ「Firefox 69」をリリースした。機能強化や、20件の脆弱性に対処している。

同バージョンでは、「Enhanced Tracking Protection(ETP)」を搭載。トラッキング目的の「Cookie」や仮想通貨をマイニングするスクリプトをブロックする機能を追加した。動画の自動再生をブロックする機能についても強化している。

また複数の脆弱性を解消した。重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は1件で、「CVE-2019-11751」に対処。同脆弱性を悪用されると、「Windows」において他アプリを起動する際のコマンドライン処理において悪意あるコードの実行が可能となるという。

次に重要度が高い「高(High)」とされる脆弱性は11件。解放後のメモリへアクセスが可能となる「Use After Free」の脆弱性「CVE-2019-11746」や、「Firefox Sync」におけるサンドボックスの回避「CVE-2019-9812」などを修正した。

(Security NEXT - 2019/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正
MSが月例パッチを公開、脆弱性121件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
MS、約2年7カ月を経てゼロデイ脆弱性「Dogwalk」を修正 - すでに悪用も
カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
MS、「Microsoft Edge 104.0.1293.47」をリリース - 独自に3件の脆弱性を修正
「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性
F5、8月のセキュリティパッチを公開 - 「BIG-IP」などの脆弱性に対処
スモールビジネス向けCisco製ルータに深刻な脆弱性 - 遠隔よりコードを実行されるおそれ