Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Kea DHCPサーバ」にリモートより悪用可能な複数脆弱性

オープンソースのDHCPサーバである「Kea」に、サービス拒否に陥る脆弱性が複数含まれていることがわかった。

IPv6環境において、細工したパケットで不正終了する「CVE-2019-6472」をはじめ、IPv4環境において不正な「hostnameオプション」によって終了する「CVE-2019-6473」など、あわせて3件の脆弱性が判明したもの。

いずれも重要度は「中(Medium)」とレーティングされている。脆弱性の悪用は確認されていない。

Internet Systems Consortium(ISC)では、脆弱性を修正した「同1.6.0」「同1.5.0-P1」「同1.4.0-P2」をリリース。アップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ポリシー運用行う「Cisco APIC」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
Cisco NFVISに認証回避される深刻な脆弱性 - すでにPoC公開済み
小規模環境向けの一部Cisco製VPNルータに脆弱性 - EOLで修正予定なし
「BIND 9」の反射型攻撃対策に脆弱性 - DoS攻撃のおそれ
複数のCisco製小規模環境向けVPNルータにRCE脆弱性
SAML認証ライブラリ「Lasso」に脆弱性 - ライブラリ依存の幅広い製品へ影響
「ISC DHCP」に脆弱性、クライアントとサーバのいずれも影響
「Cisco Small Business WAP」に2件の脆弱性 - 一部製品はEOLで修正プログラムなし
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開