Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Kea DHCPサーバ」にリモートより悪用可能な複数脆弱性

オープンソースのDHCPサーバである「Kea」に、サービス拒否に陥る脆弱性が複数含まれていることがわかった。

IPv6環境において、細工したパケットで不正終了する「CVE-2019-6472」をはじめ、IPv4環境において不正な「hostnameオプション」によって終了する「CVE-2019-6473」など、あわせて3件の脆弱性が判明したもの。

いずれも重要度は「中(Medium)」とレーティングされている。脆弱性の悪用は確認されていない。

Internet Systems Consortium(ISC)では、脆弱性を修正した「同1.6.0」「同1.5.0-P1」「同1.4.0-P2」をリリース。アップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スモールビジネス向けCisco製ルータに深刻な脆弱性 - 遠隔よりコードを実行されるおそれ
Ciscoのインフラ管理製品に深刻な脆弱性 - API経由でコマンド実行のおそれ
Cisco製コラボレーションツールに重要度「Critical」の脆弱性
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Cisco Catalyst 2940」に脆弱性が判明 - 10年以上前に対策済みだが、利用中止を
「BIND」の「DNS over HTTPS」に脆弱性 - DoS攻撃のおそれ
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に
「Cisco NFVIS」に深刻な脆弱性 - ゲストVMよりホスト乗っ取りのおそれ
「Cisco WLCソフトウェア」に深刻な脆弱性 - 管理者としてログインされるおそれ
「Spring4Shell」、一部Cisco製品に影響 - 調査中の製品も