Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

7月のDDoS攻撃検知が1.5倍に、約76Gbpsの攻撃も

インターネットイニシアティブ(IIJ)によると、7月に対処したDDoS攻撃の件数が前月の約1.5倍へと増加した。もっとも大きかった攻撃の規模についても前月を大幅に上回ったという。

同社がDDoS攻撃対策サービスで対処したDDoS攻撃の動向を取りまとめたもの。7月に検出したDDoS攻撃は509件で、前月の328件から約1.5倍に拡大した。

1日あたりの攻撃件数は約16.4件。前月の平均10.9件を大きく上回り、7月24日には50件を超える攻撃も検出された。ただし、5件に満たない日もあるなど、ばらつきも見られる。

同月に観測された攻撃のうち、もっとも規模が大きかったのは、DNSを用いたリフレクション攻撃。738万ppsのパケットにより、最大約75.7Gbpsのトラフィックが発生した。前月の最大148万pps、最大約8.11Gbpsを大きく上回っている。

もっとも長時間にわたり継続したのは38分間にわたるNTPを利用したリフレクション攻撃で、最大で2.91Gbpsの通信量が発生した。

(Security NEXT - 2019/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測
DDoS攻撃の踏み台となる「NTPサーバ」の探索行為が増加
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
12月のDDoS攻撃、前月比29件増 - IIJ調査
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
11月のDDoS攻撃、件数減少の一方で大規模攻撃も - IIJ調査
数十以上の金融機関にDDoS攻撃か - ダークネットで応答パケット観測
前月比1.5倍のDDoS攻撃を観測 - IIJ
9月のDDoS攻撃、前月比約1割増 - 攻撃の規模や継続時間は縮小
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加