Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新種ランサム118%増、再流行の兆候 - PowerShellマルウェアは5.6倍に

同四半期に公表されたセキュリティインシデントは412件。前四半期から20%増加した。地域別では南米と北米が32%で、欧州とアジア太平洋が各13%だった。

標的型攻撃を見ると、もっとも標的となったのは政府や行政機関で、金融、化学、防衛、教育の各機関が続いた。

また同四半期は、ブラックマーケットにおいて、22億件以上のアカウント情報が取り引きされていることを確認している。

(Security NEXT - 2019/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
セキュリティ事件の認知度、1位はドコモ口座の不正出金
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
ランサム攻撃受けた国内企業の約3割が身代金払う - 平均1.23億円