Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新種ランサム118%増、再流行の兆候 - PowerShellマルウェアは5.6倍に

2019年第1四半期は、あらたなランサムウェアが118%増加した。マカフィーが取りまとめたもので、再流行の兆しを見せている。

同社によれば、同四半期は1分あたり平均504件のあらたな脅威を検出。なかでもランサムウェアは118%増となり、増加の傾向を示している。また仮想通貨(暗号通貨)を発掘するマルウェアも29%の増加となった。

JavaScriptベースのマルウェアは13%減少。一方PowerShellベースのマルウェアは、前四半期比460%増を記録した。IoTデバイスを標的としたマルウェアのサンプルについても10%増加しており、IoTマルウェアの合計サンプル数は過去1年間で154%増加した。

マルウェア全体では、あらたなサンプルは35%増加した。ただし、モバイルデバイスを対象としたマルウェアのサンプルは15%減少している。

(Security NEXT - 2019/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
ランサムウェア身代金、平均支払額が前年比8割増
2021年のランサム被害報告は146件 - 目立つVPN経由の侵入
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
マルウェア減るもランサムウェアは前年から倍増
2021年のサイバー犯罪検挙数は1万2275件 - 前年比25%増
情シス担当者、「ゼロトラストを理解している」21%
2021年のマルウェア届出、前年の2倍 - ランサム感染被害は39件
IPA、「情報セキュリティ10大脅威 2022」を発表 - 「ゼロデイ攻撃」が新規ランクイン
悪意あるファイルの検知、前年比5.7%増 - 1日平均約38万件