Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobe CC関連アプリに脆弱性 - 一部「クリティカル」も

Adobe Systemsは、「Adobe Creative Cloud」の複数アプリケーションに脆弱性が明らかとなったとして、アップデートを公開した。一部は重要度「クリティカル(Critical)」の脆弱性が複数含まれる。

具体的には、「Adobe Creative Cloud Desktop Application」をはじめ、「Adobe Photoshop CC」「Adobe Premiere Pro CC」「Adobe After Effects CC」「Adobe Character Animator CC」「Adobe Prelude CC」に脆弱性が判明したもの。

「Adobe Creative Cloud Desktop Application」に重要度「クリティカル(Critical)」2件を含む4件の脆弱性が判明。

もっとも修正が多かった「Adobe Photoshop CC」では、34件の脆弱性を修正している。このうち22件については3段階中もっとも高い重要度となる「クリティカル(Critical)」とレーティング。「ヒープオーバーフロー」や「コマンドインジェクション」「型の取り違え」などの脆弱性が含まれる。

(Security NEXT - 2019/08/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ
Apple、macOSやスマートデバイス向けにセキュリティ更新
Windowsの「ポイントアンドプリント」にゼロデイ脆弱性 - PoC公開済み