Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

元職員が個人情報を持ち出し、選挙活動に利用か - 平塚市

神奈川県平塚市の元職員が、業務で管理していた個人情報を持ち出し、自身の選挙活動に利用した可能性があることがわかった。

同市によれば、市議会選挙に出馬した元職員から選挙ハガキが届いた住民より、個人情報が漏れたのではないかとの指摘が4月17日に寄せられ、調査を行ったところ、不正な持ち出しが発覚した。

同市の調査では、2018年11月29日にのべ3万1429件の個人情報を記録したファイル1019件、12月22日にのべ248件の個人情報を記録した16件のファイルを持ち出した疑いが出ている。

ファイルによって異なるが、氏名や住所、電話番号、性別、生年月日、メールアドレス、口座情報などの個人情報が含まれる。

(Security NEXT - 2019/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

外来受診者の一部名簿が所在不明に - ちば県民保健予防財団
監視システムに個人情報を誤保存、委託先から閲覧可能に - ファストリ
学童保育で児童の写真含むデジカメが所在不明に - 高槻市
看護師が資料を持ち帰り一時紛失、自宅で見つかる - 神奈川県看護協会
高校教諭が個人情報含むUSBメモリを一時紛失、6日後回収 - 大阪府
他職員に対して窃盗や不正アクセスした職員を懲戒免職 - 岐阜県
退職時に共済契約データ持出、内部調査で発覚 - JAえちご上越
駐車施設付置届出書含むバックアップ用USBメモリが所在不明 - 川崎市
無許可の患者情報持ち出し、サポート詐欺被害から発覚 - 近大病院
自宅で業務のため持ち出したUSBメモリを紛失 - 静岡県