Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノン製デジカメに複数脆弱性 - コード実行のおそれも

「EOSシリーズ」など、キヤノンのデジタルカメラ製品に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。同社ではファームウェアのアップデートが準備でき次第、順次提供していくという。

「EOSシリーズ」のほか、「PowerShot G5X MarkII」「同SX70 HS」「同SX740 HS」の通信機能において、画像転送プロトコル「PTP(Picture Transfer Protocol)」の処理に複数の脆弱性が明らかとなったもの。

コマンド処理においてバッファオーバーフローが生じる脆弱性「CVE-2019-5994」「CVE-2019-5998」「CVE-2019-5999」「CVE-2019-6000」「CVE-2019-6001」が存在。細工されたコマンドを処理すると任意のコードを実行されたり、正常に動作しなくなるおそれがある。

さらにユーザーによる承認なしに、ファームウェアがアップデートできる脆弱性「CVE-2019-5995」もあわせて明らかとなった。

同社はこれら脆弱性の判明を受けて、ファームウェアのアップデートを実施すると説明。現在「EOS 80 D」のファームウェアを公開しているほか、他製品についても準備を進めているという。

影響を緩和するため、ファームウェアを適用するまで必要時のみ機能を利用し、安全性を確認できないネットワークや機器への接続を避けるよう呼びかけた。またファームウェアのアップデートは、同社公式サイトより入手するよう求めている。

(Security NEXT - 2019/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
「Firefox 81」が公開、複数脆弱性を修正 - 延長サポート版も更新
セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
MobileIronのMDM関連脆弱性、PoCリリースでリスク上昇