Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

郡山市の防災サイトに不正アクセス - 情報流出は否定

福島県郡山市は、防災情報伝達システムにおける「郡山防災ウェブサイト」が不正アクセスを受け、不正な書き込みが行われたことを明らかにした。

同市によれば、同サイトの「防災防犯情報」の配信欄に、本来第三者が行うことのできない書き込みが不正に行われていることを7月31日14時過ぎに気が付いた。

同サイトより登録できるメールマガジンには、約3000人が登録しているが、ログの調査より保有する個人情報が外部に流出していないことを確認したという。

保守を担当するNTTデータ東北が書き込みを削除。ログの調査を行い、同日20時にシステムで異常が発生していないことを確認。今後は詳細な原因について調査を進め、再発防止策を講じるとしている。

(Security NEXT - 2019/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
ネットショップに不正アクセス - ウェスティンホテル大阪
ギフトサービスで不正ログイン被害 - 29件の不正決済
三越伊勢丹の関連2サイトで約1.9万件の不正ログイン
静岡鉄道のサイトが一時改ざん - 不正サイト誘導のおそれ
産業機器通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
委託業務の電話勧誘で録音改ざん、管理者指示で - りらいあ
ファッション通販サイトへの不正アクセス、流出件数修正
サイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導 - ロボット開発会社
「お名前.com」管理ツールに脆弱性、顧客2件で不正アクセス