Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ASEAN地域の監視分野事業で英Assuriaと協業 - ラック

ラックは、セキュリティ監視分野で英Assuriaと協業すると発表した。

同社では、ASEAN地域で事業を展開する日系企業向けのサービス強化を図るため、20カ国以上でセキュリティ監視事業を展開する英Assuriaと提携したもの。

具体的には、Assuria製SIEM製品のOEM供給を受け、ラックの脅威情報を組み込み展開。またラックの調査ツール「FalconNest」についても海外で提供していく。

同社は、2025年のセキュリティ事業における売上で、ASEAN地域が占める割合を5%まで拡大することを目指している。また当初は、国内とASEAN地域における協力だが、将来的には他地域への拡大も視野に入れている。

(Security NEXT - 2019/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
ロジテックがフォレンジックサービスに参入 - メーカーや機器問わず対応
「MIRACLE ZBX」に新版、セキュリティ面を強化
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
セキュリティ監視やヘルプデスクの運用サービス - SCSKサービスウェア
侵害リスクの高い機器を特定するサービスを提供 - デロイトトーマツ
UTMにオンサイト対応を付帯した中小企業向けサービス - CSP
イー・ガーディアンと日本サイバーディフェンスが業務提携
中小企業向け「サイバーセキュリティお助け隊サービス」に新サイト
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード