Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「コーナンPay」にPWリスト攻撃 - 試行回数は数十万件規模か

「ホームセンターコーナン」などを運営するコーナン商事が提供するプリペイド型の電子マネーサービス「コーナンPay」が、パスワードリスト攻撃を受けたことがわかった。一部で不正ログインを許したほか、未登録のメールアドレスに新規登録を案内する大量のメールが送信されたという。

同サービスは、同社運営のホームセンターなどで利用できるチャージ式の電子マネーサービス。専用カードやスマートフォンアプリより利用できる。ネオスとバリューデザインが提供する「Value Wallet」を採用したもので、4月1日より提供していた。

コーナン商事によれば、7月23日に本人以外の第三者が、何らかの方法で入手したメールアドレスやパスワードを用いて、同サービスへ不正にログインしようとするパスワードリスト攻撃を行ったという。

今回の攻撃で、500件ほどのアカウントで不正ログインを許したという。ただし、25日の時点でチャージされた電子マネー「コーナンマネー」の不正利用は確認されていない。またパスワードが異なりログインが失敗した件数については把握できていないとしている。

(Security NEXT - 2019/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

動画サービス「Hulu」に断続的なPWリスト攻撃
川崎市で野球場予約に大量の申込 - 同一IPアドレスから1日に約2万件
「mijicaカード」不正送金、被害者のいずれも不正ログイン被害か
ゆうちょ銀「mijicaサイト」で不正ログインか - 一部で機械的な画面遷移
JR九州の会員サイトにPWリスト攻撃 - ポイント交換被害も
岡三オンライン証券にPWリスト攻撃 - 資産売却や出金被害は未確認
LINE利用者のパスワード約7.4万件が特定 - ログイン連携サービスにPWリスト攻撃
三越伊勢丹に対する不正ログインは5月から発生 - 約5.4万人に影響
ギフトサービスで不正ログイン被害 - 29件の不正決済
関電の「はぴeみる電」に不正ログイン - 複数海外IPアドレスから試行