Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

macOS向けにセキュリティアップデート - 脆弱性44件を修正

Appleは、macOSの最新版「macOS Mojave 10.14.6」や、セキュリティアップデート「Security Update 2019-004 High Sierra」「Security Update 2019-004 Sierra」をリリースした。

同社は今回のアップデートを通じて、「WebKit」に関する脆弱性22件をはじめ、あわせて44件の脆弱性を修正した。

メモリ破壊が生じ、システム権限でコードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2019-8697」のほか、FaceTime、Siri、Bluetooth、Safari、Time Machineなど、多岐にわたる脆弱性を修正した。

今回のアップデートで修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2019-8641
CVE-2019-8644
CVE-2019-8646
CVE-2019-8646
CVE-2019-8648
CVE-2019-8649
CVE-2019-8656
CVE-2019-8657
CVE-2019-8658
CVE-2019-8660
CVE-2019-8661
CVE-2019-8662
CVE-2019-8663
CVE-2019-8666
CVE-2019-8667
CVE-2019-8669
CVE-2019-8670
CVE-2019-8671
CVE-2019-8672
CVE-2019-8673
CVE-2019-8676
CVE-2019-8677
CVE-2019-8678
CVE-2019-8679
CVE-2019-8680
CVE-2019-8681
CVE-2019-8683
CVE-2019-8684
CVE-2019-8685
CVE-2019-8686
CVE-2019-8687
CVE-2019-8688
CVE-2019-8689
CVE-2019-8690
CVE-2019-8691
CVE-2019-8692
CVE-2019-8693
CVE-2019-8694
CVE-2019-8695
CVE-2019-8697
CVE-2019-8697
CVE-2018-16860
CVE-2018-19860
CVE-2019-13118

(Security NEXT - 2019/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か
従業員が契約者のポイントを不正利用 - 日本生命
外出自粛期間、子どもの6割がアダルトコンテンツに遭遇
講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター
健康美容商品の卸売販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も