Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

macOS向けにセキュリティアップデート - 脆弱性44件を修正

Appleは、macOSの最新版「macOS Mojave 10.14.6」や、セキュリティアップデート「Security Update 2019-004 High Sierra」「Security Update 2019-004 Sierra」をリリースした。

同社は今回のアップデートを通じて、「WebKit」に関する脆弱性22件をはじめ、あわせて44件の脆弱性を修正した。

メモリ破壊が生じ、システム権限でコードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2019-8697」のほか、FaceTime、Siri、Bluetooth、Safari、Time Machineなど、多岐にわたる脆弱性を修正した。

今回のアップデートで修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2019-8641
CVE-2019-8644
CVE-2019-8646
CVE-2019-8646
CVE-2019-8648
CVE-2019-8649
CVE-2019-8656
CVE-2019-8657
CVE-2019-8658
CVE-2019-8660
CVE-2019-8661
CVE-2019-8662
CVE-2019-8663
CVE-2019-8666
CVE-2019-8667
CVE-2019-8669
CVE-2019-8670
CVE-2019-8671
CVE-2019-8672
CVE-2019-8673
CVE-2019-8676
CVE-2019-8677
CVE-2019-8678
CVE-2019-8679
CVE-2019-8680
CVE-2019-8681
CVE-2019-8683
CVE-2019-8684
CVE-2019-8685
CVE-2019-8686
CVE-2019-8687
CVE-2019-8688
CVE-2019-8689
CVE-2019-8690
CVE-2019-8691
CVE-2019-8692
CVE-2019-8693
CVE-2019-8694
CVE-2019-8695
CVE-2019-8697
CVE-2019-8697
CVE-2018-16860
CVE-2018-19860
CVE-2019-13118

(Security NEXT - 2019/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

信用保証情報を含むファイルを誤送信 - 長崎県信用保証協会
「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ
顧客情報含む書類が車上荒らし被害に - 中部電力関係会社
今度は「特別定額給付金」の「再給付」で誘惑 - 詐欺メールに注意
地方で「SECURITY ACTION制度」の紹介セミナー開催 - ライブ配信も
SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
専門学校生対象のコンテスト - テーマは「サイト運営会社向けセキュリティ教育」
「ドコモ口座」の不正チャージ、被害124件の補償を完了