Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Wi-Fi対応ストレージ製品の脆弱性狙うアクセス増 - 国内IPアドレスからも

発信元のIPアドレスには国内からのものが含まれており、その多くがTCP 80番ポート、またはTCP 81番ポートで、Wi-Fi対応ストレージ製品のログイン画面が表示された。

マルウェアに感染したWi-Fiストレージ製品が、感染拡大のためTCP 60001番ポートに対してアクセスを試みていると見られる。

同庁では、IoT機器においてファームウェアのアップデートを適切に実行し、初期設定のユーザー名やパスワードを利用せず、第三者が推測できないものへ変更するなど対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
IPA、ビジネスメール詐欺対策の特設ページを開設 - 啓発チラシなども用意
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
2022年2Qの不正送金、前四半期比約1.9倍 - 補償率が6割台前半に
警察へのランサム被害報告、1年で倍増 - 目立つ「VPN機器」経由の侵入
「CODE BLUE 2022」の全24セッションが決定
フィッシングサイトのURLが過去最多を更新 - 同一IPアドレス上に大量設置
フィッシング悪用ブランド、「au」が世界2位 - 「Emotet」国内活動は7割減
3年半分のフィッシングサイトURLを公開 - JPCERT/CC
7月のDDoS攻撃、前月から微増 - IIJレポート