Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェア「Ims00rry」の無償復号化ツールが公開

No More Ransom ProjectのアソシエイトパートナーであるEmsisoftは、ランサムウェア「Ims00rry」によって暗号化されたファイルを復号化する無償ツールを公開した。

「Ims00rry」は、端末内のファイルを利用者の意図に反して暗号化するランサムウェア。

ランサムウェアの名称は、メッセージソフト「Telegram」で攻撃者が利用する宛先の一部文字列に由来。また暗号化後に「README」として、「I am sorry!!!」からはじまる脅迫文のメモを残す。

書き出しに反して悪びれた様子もなく「ビジネスをはじめたいが金がない」などと説明。被害者に対して復号化ソフトを50ドルで購入するよう迫り、Bitcoinアドレスを示すとともに、「Telegram」のボットに対して連絡を取るよう求めていた。

(Security NEXT - 2019/07/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサム被害、SIMカード搭載PCが攻撃起点か - ほくやく・竹山HD
Ivanti、「外部整合性チェックツール」の機能強化版を公開
ランサムウェア「Cl0p」のLinux亜種が見つかる - 復号ツールが公開
Veeamバックアップ製品の既知脆弱性狙う攻撃ツールが流通か
富士通クラウドサービスへの攻撃 - 侵入の痕跡見つかる
2021年のランサム被害報告は146件 - 目立つVPN経由の侵入
復号化せずに「SSL/TLS」を用いたDDoS攻撃を防御 - Radware
「OpenSSL 1.1.1l」が公開 - 2件の脆弱性を修正
公共空間における安全なワイアレス通信でガイダンス - 米NSA
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査