Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサム被害、SIMカード搭載PCが攻撃起点か - ほくやく・竹山HD

ヘルスケア関連事業を展開するほくやく・竹山ホールディングスは、サイバー攻撃を受けた問題で調査結果を取りまとめた。SIMカードを搭載したノートパソコンが攻撃の起点に悪用されたと見られる。

同社では、2月3日未明にサーバがランサムウェアによるサイバー攻撃を受け、データを暗号化される被害が発生。外部協力のもと、被害状況や原因などの調査を進めていた。

攻撃の起点になったと見られるのは、「SIMカード」を搭載するノートパソコン。同端末がリモートデスクトップにより接続され、さらに同社業務用サーバに不正アクセスしてランサムウェア「Enmity」を実行されたという。

アクセスに使用された「ID」「パスワード」は、ドメイン管理者の正規のもので、入手経路については引き続き調査を進めている。暗号化されたデータの復号化には至っていないが、別に保存されていたデータにより事業活動を行っている。

同社はフォレンジック調査の結果、暗号化されたデータが漏洩した痕跡は確認されなかったと説明。ダークウェブなどの調査においてデータの流通などは確認されていないとし、個人情報などのデータ漏洩はなかったと結論付けている。

今回の問題を受け、より強力なセキュリティ対策ソフトや多要素認証の導入、脆弱性管理の徹底、従業員教育の強化、セキュリティポリシーの見直しなど、再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2024/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市