Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

催告書を誤発送、宛名データ作成ミスで - 豊島区

東京都豊島区は、特別徴収義務者の法人に対して送付する催告書を本来の送付先とは異なる宛先に送付したことを明らかにした。

同区によれば、催告業務を委託している法律事務所より、特別徴収義務者の法人へ催告書を送付する際、102件について誤った宛先に送付したという。

同区が宛名データを作成した際、処理のミスにより、宛名と宛先が異なる状態が発生。そのまま委託先へ渡してしまったという。

同区では対象となる法人に事情を説明。誤送付した催告書を回収している。

(Security NEXT - 2019/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DV被害者の個人情報を加害者へ誤送付 - 札幌市
誤送付や紛失など個人情報の関連事故15件 - 大阪市
都営住宅居住者の個人情報含む書類を誤送付 - 東京都
敬老祝金贈呈調書が所在不明に - 静岡市
マルウェアに感染でなりすましメール - 浄水器販売会社
PCR検査申込書の送信先記載にミス、ファックス誤送信が発生 - 群馬県
感染症患者情報をファックスで誤送信 - 大阪府
異なる認定こども園へ書類を誤送付 - 大阪府
転送処理などに用いる郵便関係書類を紛失 - 北海道の郵便局
イベント主催者の個人情報が流出、共有ファイル内のデータに気づかず