Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

催告書を誤発送、宛名データ作成ミスで - 豊島区

東京都豊島区は、特別徴収義務者の法人に対して送付する催告書を本来の送付先とは異なる宛先に送付したことを明らかにした。

同区によれば、催告業務を委託している法律事務所より、特別徴収義務者の法人へ催告書を送付する際、102件について誤った宛先に送付したという。

同区が宛名データを作成した際、処理のミスにより、宛名と宛先が異なる状態が発生。そのまま委託先へ渡してしまったという。

同区では対象となる法人に事情を説明。誤送付した催告書を回収している。

(Security NEXT - 2019/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

給与支払報告書を紛失、税額決定通知書の未着から判明 - 練馬区
委託業者が個人情報含むメールを別人に送信 - 東急MD
民生委員が高齢者名簿を紛失、10カ月以上前に - 行田市
委託先で書類封入ミス、一部資料に別人の個人情報 - 宇部市
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
徳島県、委託先から個人情報約14.5万件が流出 - 削除報告受けるもデータ残存
健診受診者の個人情報をメールに誤添付 - 日光市
ぐんまフラワーパークの元指定管理者が個人情報を不正利用
農林事務所より調査協力者リストを関係ない複数自治体に誤送信 - 茨城県