Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペとインターポール、サイバー犯罪捜査の協定を再延長

Kasperskyと国際刑事警察機構(インターポール)は、サイバー犯罪の捜査に関する協定をあらたに5年間延長することで合意した。

サイバー犯罪の捜査における両者の連携を強化するため、協定を5年間延長。2014年に契約を締結してから延長は2度目となる。

今回の合意により、Kasperskyはインターポールに対して、最新のサイバー犯罪捜査に関する人的支援やトレーニング、脅威情報を提供する。

またあらたな同意に基づき、同社はサイバー犯罪の研究に関する情報を共有。サイバー犯罪防御への取り組み強化を目的としたフォレンジック関連ツールを提供していく。

(Security NEXT - 2019/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

警察庁、犯罪インフラ化する「SMS認証代行」の取り締まりを強化
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
3月に「JC3 Forum 2021」開催 - サイバー犯罪動向や対応成功事例など紹介
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
偽不在通知SMSをクリックするとどうなる? - 動画で紹介
3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
2019年下半期の捜査機関開示要請は1684件、78%に対応 - LINE
オンライン実施のCODE BLUE、参加費無料に - 講演募集も開始
人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑