Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「制御システムセキュリティカンファレンス」を2020年2月に開催 - CFPを実施

JPCERTコーディネーションセンターは、2020年2月14日に都内で「制御システムセキュリティカンファレンス 2020」を開催する。イベントの開催に先立ち、講演者の募集を開始した。

「制御システムセキュリティカンファレンス 2020」は、制御システムのセキュリティ対策をテーマとしたカンファレンスイベント。

脅威の現状や先駆的な取り組みなどを共有することを目指している。会場は浅草橋ヒューリックホール。参加費は無料で定員は350人を予定している。

同センターでは、同イベントの開催に向けて、講演者の募集(Call for Presentation)を開始した。

募集テーマは、制御システムセキュリティの全般が対象。重点テーマとしては、「産業用IoTのセキュリティ」「製造業のサプライチェーンにおけるセキュリティリスク対策やインシデント対応事例」「セキュリティインシデントの対応事例」「制御システムセキュリティに関する調査、研究結果」を挙げている。

締切は9月13日必着で、2〜3枠を採択する予定。応募要項など詳細については、同センターのウェブサイトから。

(Security NEXT - 2019/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2024年1Q、フィッシングサイトが増加 - サイト改ざんやスキャン行為は減少
「JVN iPedia」登録、前四半期から4割減 - 累計20万件を突破
産業制御システムのインシデント対応に必要な機能を解説した手引書
米当局、脆弱性3件の悪用に注意喚起 - FortinetやIvantiの製品が標的に
インシデント件数が約1割増 - 「スキャン」報告が倍増
2023年4Qの「JVN iPedia」登録、前四半期の約1.6倍に
「JVN iPedia」の登録数、前四半期比3.7倍に - 前年分公開の影響で
3Qのインシデント、前期四半期比25%減 - 「サイト改ざん」が大幅減少
「制御システムセキュリティカンファレンス2024」の講演者を募集
2Qの「JVN iPedia」の登録数、前四半期比約1.2倍に